運営主体
サポート

2度の災害を乗り越えて。行者にんにくの力で石巻を元気にしたい
今回のクラウドファンディングでは、再度前を向いて進んでいくための第一歩として、この行者にんにくの栽培、特に苗の購入費などに充てさせていただくための資金を、皆様からご支援いただければと思います。

皆さま、どうぞよろしくお願いいたします。

旦那の魚が日本一!石巻の歴史をつめた漁師家庭の味を届けたい。
夫と夫の漁師仲間たちが三陸の豊かな漁場から獲ってきてくれる魚介類は四季折々、多種多様で新鮮で、とっても美味しいんです。

「この味をもっと皆さんに知っていただきたい」と常々考えていました。そんなときに、夫の魚を気に入っていただけた方が「ぜひ協力したい!」と築160年の石巻の歴史を物語る古民家を貸していただけることになり、食堂兼カフェをOPENすることを決めました!

新たな商品開発を!石巻×フランスで石巻をもっと元気にしたい!
石巻×フランスで石巻を盛り上げたい。
二人三脚でみんなをハッピーにしたい。
二人で力を合わせて石巻に元気を与えたい。その中で生まれたのが、石巻の産品とフランスの食文化を掛け合わせた商品開発プロジェクトです。
今回のクラウドファンディングでは、新たに開発する「セリのキッシュ」の原料費、製造委託費等を募集いたします。
皆様の心あたたかいご支援をよろしくお願いいたします。

石巻産のそばを”イシノマキマン”がPRしたい!!
被災した街ではなく 生み出す街として
イシノマキマンと ー復興のその先へー
ビヨンド代表の斉野浩一と申します。本業は、印刷物や看板などのデザインを行う事業所を営んでいます。その傍ら、ご当地キャラクター「イシノマキマン」を東日本大震災後に誕生させました。
3.11。あの日、事業主として独立し1ヶ月... 事務所(店舗)兼自宅は大津波に襲われました。はげしい揺れは、おさまることなく街中の電気は一気に落ち、信号も消えました。

ほやと向き合い14年。本場宮城に新鮮なほやを食べれる食堂開設!
「ほや」の匂いがきついのは、鮮度が良くないから!
ほやは、5味「甘味・塩味・酸味・苦味・旨味」が揃っている食材です。鮮度の良い状態で食べると大変おいしく、虜になる人もたくさんいらっしゃいます。
「三陸の海で次のほやが生育するまで3年はかかる」とされた東日本大震災の被害を乗り越え、全国のほや生産量60%を誇る宮城県で、新鮮なとれたてほやのフルコースを堪能できる「ほや親父のほやゼミ食堂」と「ほや研究所」をオープンしたい!

宮城県発!こだわりの本格生パスタで「食」の魅力を拡めたい!
私の想いはシンプルです。
「宮城県産小麦粉を使った本格生パスタを全国へお届けしたい!」
そんな想いをのせたこだわりパスタを、よりたくさんの方にお届けするため、今回このプロジェクトを立ち上げました。
皆様にいただいた支援金で、自慢のこだわり生パスタをたくさん作り、皆様にお届けいたします!
ぜひご賞味ください!


セミナ-・説明会情報
事業の申込み
お問い合わせ
よくある質問