支援する

“A5”仙台牛をおうちで!仙台牛を食べて応援プロジェクト
JAいしのまきは、“A5”仙台牛をはじめとした子牛・肉牛・子豚・肉豚および緬羊などの畜産物を生産しています。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、外食の自粛やインバウンド需要の減少による牛肉消費量の減少とそれに伴い、牛肉の取引価格も低下し農業経営を圧迫しています。販売価格が生産費用を下回り、採算割れの事態に陥ることもあります。

このようなことから、JAいしのまきは生産現場で日々奮闘する生産者を応援し、農業経営の安定化を図るため「“A5”仙台牛をおうちで!仙台牛を食べて応援プロジェクト」を企画しました。

宮城の食材を発信するレストランとホームページを作りたい!
令和2年3月までトラットリア・クチーナオランジェリーで料理長を務めてまいりました瀬戸正彦です。
料理長を務めてきた一方で、食材王国みやぎ「伝え人」となり、宮城県内の小学校・中学校での食育を通じて地産地消活動が地域社会の活性化と郷土愛につながることを伝えてきました。
ここでしか味わえない喜びを提供できるレストラン「PORTTAVOLA(ポルターヴォラ)」を、令和2年9月に開業することを目指して独立することにしました。

参加する

矢印
チャート
プロジェクトについて相談する
プロジェクトを申し込む

プロジェクトを通じて " もっと元気に "

これまで参加されたみなさま

矢印